自分の土地に建てる住宅を建築家に依頼~トチらない土地活用~

real estate

有効活用

放置している土地は不動産投資で有効活用

nice house

もし、土地を放置したまま所有しているのでしたら、すぐにでも有効活用すべきです。土地は放置していたとしても、固定資産税等を納める必要があります。ですから、有効活用しない限り、その土地は無駄金を使う、お荷物でしかないのです。先行きが不透明な現代では、資産運用の必要性が叫ばれています。ですから、土地を所有し、その上、放置して持て余しているのならば、不動産投資を行うのが良いと言えるでしょう。不動産投資は、数ある資産運用の中でも比較的リスクが少ないということで人気があります。では、具体的に所有している土地を、どのように不動産投資で有効活用するのかというと、ベストな方法は、その土地にマンションを建設し、マンション経営することとなります。マンション経営は、不動産投資の中でもリスクが少なく、逆に収益は最も多く期待できる方法です。

素人でも可能なマンション経営

マンション経営なんて、とんでもないと思う人も多くいることでしょう。もちろん、マンション経営にもリスクはあります。まずは、建設にかかる費用です。マンション建設には莫大な費用がかかります。その費用を用意できる人は、数少ないことでしょう。ただ、前もって、全額用意する必要はないのです。ローンを組むことができますから、大丈夫なのです。また、素人がマンションの経営ができるのだろうかという不安もあることでしょう。マンションを建設しても、まったく入居者がいないということも考えられます。しかし、そのことも問題ないのです。世の中には、マンション経営をサポートしてくれる会社があります。その会社をパートナーにすれば、空室ゼロ、もしくは空室ゼロに近い状態にしてくれます。そればかりか、マンション建設前の計画段階からサポートし、適切なアドバイスをしてくれます。ですから、素人であっても、マンション経営は可能なのです。