自分の土地に建てる住宅を建築家に依頼~トチらない土地活用~

real estate

建築家

今後の動向予測とは

nice house

一戸建ての住宅建築を東京で建てる場合に建築家に依頼するというのも知り合いでもなければその仕事内容までは中々わからないものです。 東京の建築家は書籍やマスコミで知ることがあっても機会は少ないものです。東京での探し方としては誰かのアドバイスが無ければ難しいとも言えます。 資格があって設計能力があり、施工にも詳しく、コストプランニングに通じ、かつコミュニケーションが取れる建築家というとある程度の人数が存在します。これまで1人で設計監理を行ってきた東京の建築家となるとさらにその数は少なくなります。 最近はこれらの建築家の中から厳しい基準を設けてその中から選ばれた数人から数十人の建築家を登録するというコーディネートされたサイトがあります。 これによって顔写真やプロフィールも掲載されていて、これまでの仕事内容も写真入りで紹介されています。家作りの考え方などから相性の良い建築家が選べるようになっていて今後も建築家選びの1つの指針になると思われます。

注意すべき点とは

建築家を東京で探す場合、厳しい審査基準を通って登録された建築家に設計依頼する場合、サイトから読み取れる情報と実際に仕事にとりかかる場合とのギャップは素人としての立場からは避けられないことも多いものです。 それには一般的な水準の建築用語やその内容については書籍などで情報を得て知っておく必要もあります。そして希望を色々と持っていても建築基準法や都市計画法等の法規面から実現できないことがあることも知っておく必要があります。 できたらこれまでに建てられた実際の建物や住宅展示場などに足を運び、疑問な点等を書き留めておくことも役立つ場合があります。 最近は坪単価ではなく総額見積という方法もとれますから、坪単価に惑わされないように注意することも大切です。