中古車を格安で手に入れる

お金を持つ人

信頼できる業者なら安心

中古車販売業者のホームページなどを見ていると、売りに出されている車の中に「金融車」と表示されているものを目にすることがあります。金融車とは、簡単に言えば所有者がローンを完済しないうちに手放した車のことをいいます。その経緯はさまざまですが、一般的にはローンの返済が困難になったため所有者自らが売りに出したケースや、車に担保権を設定していた債権者が売りに出したケースなどがあります。金融車と一般の中古車の違いは、所有権の取扱いにあります。一般の中古車であれば売買契約が成立すればただちに車は購入者のものとなりますが、金融車の場合は元の所有者がローンを完済するまでは所有権を移転させることはできません。ナンバーの変更も完済後となります。それ以外の面、たとえば車検の手続きや任意保険の加入等については、両者の間に違いはありません。また、売り手と買い手の間に交わされるのは売買契約だけであり、買った側がローンを肩代わりしなければならなくなるといったようなこともありません。近年、中古車市場において金融車は徐々に人気を集めるようになっています。その理由の1つは、とにかく価格が安いことです。一般的な相場のおおむね5割から6割程度で購入することが可能です。もう1つ、金融車を専門に扱う売買業者がサービスを充実させているというのも、人気の理由となっています。金融車を扱う際の最大のサービスとは、購入者に安心を提供することです。信頼できる業者であれば、譲渡に係る所有者の意志は明確か、違反金等の滞納はないかといった点を事前に十分チェックして、優良な車のみを販売するよう万全を期しています。また、業者の中には購入後にトラブルが判明した時のために返金保証サービスを設けているところもあります。

Copyright© 2017 事故車の査定を専門業者に依頼しよう|業者選びの基準とは All Rights Reserved.