自分の土地に建てる住宅を建築家に依頼~トチらない土地活用~

real estate

建築家の活躍

建築家の役割

nice house

昔から日本の住宅は大工が設計をするとともに住宅の建築を行っておりました。建築家が設計をするようになったのは明治時代になった西洋風の住宅を建築する際に海外の建築家が日本に来て設計をするようになってからのことです。設計をする人と工事をする人の分離が始まりました。東京には多くの人が集まり、建築の機会が多いということで多くの建築家が事務所を開設して業務に当たっています。東京では高級住宅街が各所に存在し、有名な建築家の作品が多数建設されています。一般的に注文住宅の設計はハウスメーカーが行うことが多いのですが、選択肢が限られているため、費用が掛かっても満足の行く住宅を建設しようとする人は建築家に設計を依頼しています。

個性的な住宅の建設

日本では経済面でも大量生産の恩恵を受けていたので、住宅建設についても分譲住宅を購入するスタイルが一般的でした。東京の各所でもデベロッパーが開発した同じような建物が集積している街並みを見かけることがあります。しかしながら東京でも比較的広い住宅が集まっている地域では建築家が設計したと思われる建物が多い地域が見られます。東日本大震災以降、住宅建設においても環境や省エネの観点からのアプローチが必要になっています。従来は著名の建築家の作品はどちらかと言えば省エネや環境という面では対極の考え方で設計されたものが多く存在しました。しかしながら今後は如何に著名な建築家の作品と言えども環境や省エネを考慮しない作品は受け入れられなくなるでしょう。

有効活用

nice house

土地があるなら有効活用した方が良いです。土地を使った資産運用は、比較的リスクが少なく、安定した収益を得ることができます。特に人気な方法は、土地にマンションを建てて行なうマンション経営です。

» 詳しくはこちら

建築家

nice house

建築家をこれまで東京で探す場合には情報も少なく雑誌あたりでしか知る方法がなかったものです。しかし現在ではサイトにおいて登録された建築士の中からそのプロフィールやこれまでの仕事内容から選択できる時代になって来ています。

» 詳しくはこちら

注文住宅

nice house

自由設計の注文住宅は、建築家が設計を担当し、工務店が施工するケースが多いです。東京都には著名な建築家の建築設計事務所が多く、注文住宅の設計だけでなく、著名な建築物の設計も行っています。

» 詳しくはこちら